土日はひたすら検証作業!!




どーも、のりマロです(^^)





PCに貼り付いて検証作業って、なかなか時間が取れないのが難点です。




今回、スマホで検証ツールの神アプリを発見したのでまとめます(๑•̀ㅂ•́)و✧




何から何までスマホで完結できる環境を構築!!







スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)
FX業者【OANDA】の登録はこちらから








[Trade InterScepter]のダウンロード


Screenshot_20190330-142325_TInterceptor

なんとこのアプリ、検証モードがあったんですね。

ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!





 Screenshot_20190330-141741_Google Play Store

Android版ダウンロードはこちらから

iPhone版ダウンロードはこちらから





フリーメールのみでも登録可能。簡単なので割愛します。







検証モードの機能


20190330_125752
登録できれば、【Trades Gym】でログイン。


これは、過去チャートの検証モードです。




Screenshot_20190330-143000_TInterceptor
膨大な通貨ペア


株式チャート仮想通貨も幅広く(^^)





20190330_130000
マルチタイムフレーム分析対応。


これ、PC検証ツールの有料機能ですねw





ちなみに、他通貨ペア同時検証には非対応






Screenshot_20190330-143424_TInterceptor
チャートの再生スピードの設定。画像は【5分足刻みの値動き】


1分足刻みの値動きにすれば、リアルタイムチャートのように動きます。





そして、何より大切な


戻るボタン搭載!!





その名の通り、ロウソク足を過去へ戻します。




バックテストでは、高速でチャートを進めていくため、エントリーポイントを行き過ぎたり、見落として少し後で気付いたりします。



戻れなかったらエントリーしてたはずのポイントでもスルーしたようになり、検証になりません。




かと言って、見落とさないようにゆっくりチャートを進めれば、効率が悪すぎたり、、





なので私の場合、戻る機能が無い時点で論外。







PCの有料検証ツール裁量トレード検証君プレミアムや、裁量バックテスターは、



戻れません。
C= C= C= 。・゚゚┏(T0T)┛ウァァァァァァ








  


いざ、検証!


20190330_104615

フィボナッチのパラメーターを変更できるので、損切りに対しての利確目標に使えます。(MT4同様)



赤(ストップ)
黄(エントリー)
黒(損切りに対しての利確1倍)
緑(損切りに対しての利確2倍)


と設定しました。



早速エントリー!





20190330_104533
トレードインターセプターは、数少ないライン注文にも対応!



パラメーターを変更したフィボの損切りラインにストップ、利確ラインにテイクプロフィットを置いて、




20190330_104726
チャートを再生。


注文が確定すれば、エントリーポイントクローズポイントがチャート上に表示されます。






20190330_110140
エントリーして、


20190330_110153
再生。



土日は、こんな究極に地味な検証作業を高速で淡々とを続けるわけです(//∀//)






Screenshot_20190330-124537_TInterceptor
5分足1年分の検証で、約3時間程度。


爆速!!


やっぱりスマホで空き時間を利用すれば捗りますねぇ(*'艸`*)



損切りパターンスクショへ残していきます。






20190330_124324
エントリー回数58回、36勝22負

今回はリスクリワード1:2で固定した為、【PF 3.27】となりました(^^)



めちゃくちゃ好成績!!





20190330_125843
アカウントの[Histry]で上記のトレード履歴が見れます。




アカウントを【通貨ペア+時間足】分けると、どの手法がどの通貨ペアと相性が良いのか一目で分かるようになります。




特に成績が伸びない通貨ペアは、リアルトレードで対象外とします。





👉ポイント

行き過ぎて損切りになると分かっていても、条件が揃っていればエントリーする事。










まとめ




良いところ

①無料
動作が軽い
③カラー設定自由
④マルチタイムフレーム対応
どこでもでサクッとゲーム感覚で検証できる。
⑥終了してもオートセーブ、すぐに検証を開始できる。
⑦アカウントが大量に作れるので、通貨ペア毎に別けられる。
⑧フィボナッチなどのパラメーターが変更できる。
⑨どの時間足でも【最低1分刻み】の値動きを再生できる。
行き過ぎても戻れる。←重要
⑪トレード成績表機能
⑫通貨ペアが非常に多い(株式や仮想通貨も)




悪いところ

トレーリングストップ注文不可。
②レバレッジ25倍が無い。
③過去チャート1年分しか読み込めない









サクッと空き時間に、ゲームするような感覚で検証できるのが本当にイイですね(^^)














スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)
FX業者【OANDA】の登録はこちらから