子供への定額おこづかい制は、



社畜精神を鍛え上げる諸悪の根源である。





どーも、のりマロです(^^)





ついに、小学2年生のわが家の息子にも、お金の教育を始めました!



20190525_181621


大人になってから、大きなお金で失敗しない為、子供のお金教育で非常に良いとされる【四つの財布】システムを導入しました。



計画性のある自己資金管理力。



大人になっても全く管理できない方も多くおられます。



【財務諸表】
PL、損益計算書
BS、貸借対照表

資産と借金(負債)



お金の流れをしっかり把握しておられる方は、意外と少ないのではないでしょうか。




これは生きていく上で、大人でも、貧乏でも、大金持ちでも、非常に大切なお金の管理力を養うトレーニングです。






4つの財布の意味

20190518_211035

1つ目の財布【消費用】
直ぐに、必ず必要なお金(文房具やお菓子など)

生きていくには経費絶対に必要ということ。



2つ目の財布【貯蓄用 短期】
ゲームなど、少し高価なもの



3つ目の財布【貯蓄用 長期】
いざという時のお金



4つ目の財布【投資用】
プレゼントなど、人のために使うお金

人のために使えば、いずれ大きくなって返ってくるということ。





財布には、それぞれ目的を書かせて入れています。







おこづかいの方式(完全報酬制)とESBI




otsukai_okodukai


お手伝いや困ってる人を助ければ、その度におこづかいを渡す【完全報酬制】




ポイントは、

定額のお小遣い制ではない為、【何もしなければゼロ】

しかし、頑張れば【お小遣い以上】に受け取れるわけです。







対価を得るには、ゴールドラッシュ時のリーバイス思考が必要です。


想像力、親切心、行動力


人の困りを発見、自分の能力で解決、そして感謝される。

解決が困難なほど、大きな対価が得られるということ





さらに、この方法での一番の収穫は、受給者意識を育てないことになります。






20180314053545

金持ち父さん貧乏父さんの ESBI。




左側に属する人は、それがお金持ちになれない理由である。

なので、

右側を目指しましょう。



というものです。









4つの財布のポイントと注意点


images-1-20


わが家のでは、この4つの財布を使い、


①お金の管理力を育てる

②少し未来を考える

③自分の資産からやりくりする
 

トレーニング目的として導入しました。




遅くても3年生からは、学校で使う物も給食費も経費として、全てお小遣いで賄ってもらいます。(報酬は、経費分を考慮し、多めに渡します)


どうせ払うなら、子供に稼がせて払わせましょう!経費は絶対に必要という、最高の教材です。






もっとも重要なポイントは、


親がお金の行き先や、使い方には一切口を出さないこと。
(振り分ける時とは全く別のタイミングで、軽いアドバイスはする事もあります)




経費が無く、文房具が買えなければ、存分に困ってもらいます。



自分で考えて、自分で貯めて、自分で使い、自分で後悔反省し、もっと深く考えてもらうトレーニングです。




その困った経験が、今後の大きな財産になると思います(^^)













始めて1ヶ月、気になっていた7歳児のポートフォリオ

images-1-9


それぞれの財布には明確な目的があり、欲しい物を買うためにお金を貯める。



しかし、お菓子やジュースも欲しい。経費もいる。

欲しい物のために、我慢もしなければいけない。




7歳児がそこまで考えて分散しています。


20190525_181422

息子なりに考えて振り分けた現在の状況。
(振分けに関しては一切関与してません)



消費
10%

短期
90%

長期
0%

投資
0%



以外と現実的なポートフォリオに驚き。w(゚ー゚;)wワオッ!!










すべてが楽しくなる4つの財布



このシステムを導入してから、ほぼお手伝いなんてしなかった息子が、、、



写真




喜んでお手伝いしてくれます!オオーw(*゚o゚*)w


 
自分から進んでやれば、報酬2倍。
 

トイレを怖がる弟くんを連れて行ってくれても報酬です。



弟のプリント学習の先生は、報酬お高め(^^)





 
これは、勉強の復習+教える+お手伝い+おこづかい発生+毎日

という、メリットの塊。


images-1-8
少しそれますが、教えるという行為は、一番記憶に残る勉強法となります。






「ありがとう(^^)」と言われ、やったことに対してシッカリと報酬が発生し、それが結果的に、一石二鳥にも三鳥にもなります。




こちらも助かるし、気持ちよくお金を渡せます。




毎回そのお金を自分で目的を書いた財布へ振り分けるのが、本当に楽しそうな様子(^^)









私(のりマロ)は定額こづかい制でした。


私は小学校高学年時代から定額制の小遣い制で、すぐに使い切ってしまっていました。




こづかいを使い果たし、お金か必要な時、

どうやってオカンから おカネを貰うか。




日頃からそんなことばっかり考えてました(;´Д`A ```






ある日、思いついたのが、


OZP88_jojouryy_TP_V

【毎月、散髪へ行く】



散髪代は、定額小遣いとは別で貰えたので、高めの美容室(小学生カットで3500円)へ毎月通うという設定にしました。



この小学生カット3500円は、試行錯誤の結果、限界ギリギリラインでしたね。



そして、激安の床屋(スポーツ刈り800円)行って、残りを頂くけです(笑)

 





ここまでは、カワイイ話なんですが、


最終的には、親の財布から直接お金を抜いてました。




images-1-14

当然、バレるわけで、、、




定額お小遣い制で育つ大半の子供は、恐らく稼ぐ術を知らないと思います。 


キャッシュディスペンサーの親を騙し、どうやって上手くカネを抜くか。





やはり、小さい頃からお金と正しく向き合って、キチンと教育していかないと、


私のように、誤った思考回路


に結びつく可能性もあります。





学校では教えてくれません。










4つの財布まとめ

images-1-23

子供達には4つの財布を通して、私自身も勉強し、正しく教えていこうと思います。


 

小学2年生ということで、まだまだ安いおこづかい。





今のうちに、資金管理について深く考え、くだらないものを たくさん買い、決して口出しはせず、




存分に失敗してもらいます。





そうすれば、次回からは より深く考え、次第に失敗しなくなっていくでしょう。

親が口を出せば、思考停止してしまいます。






まずは、稼いで使って金銭感覚をつかむ。


そして、この4つの財布を元に、お小遣い帳も導入し、より深く資金管理力を付け、家庭内ビジネスへ繋げ、投資の重要性についても一緒に勉強していくつもりです。







4つの財布。

簡単ですし、非常に良いので、是非、導入をオススメします(^^)