トレーリングストップ版の検証開始!

tate_escalator1


逆張りOCO版のPF算出データが一通り揃ったので、いよいよトレーリングストップ版の検証を開始しました(^^)






以前、トレール版でサクッと検証した時は、OCOと比べて大幅にPFが上がりました。







全く同じエントリーポイントで、OCO → トレールに注文変更するだけで、全体的にどの程度PFが上がるのか?



OCO注文のPFが算出された今、実際に数字で比較していきたいと思います(^^)







今週は、細かなクソエントリーが多かったので、クソエントリー多めポイントを抜粋しまとめていきます。
 






スマホトレード必須!サイン通知ツールについては、こちらから↓



スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)
国内FX業者で激レア!通知ツールが使えるMT4対応!





FX業者【OANDA】の登録はこちらから






2019.5/18より、週500回ペースで検証作業を再開!


検証回数、約8000回オーバー(10/5現在)






今週のエクセレントレード

【EUR/USD 15M】10/14  21時25分

Screenshot_20191012-104954_Evernote
【エントリー理由】
①大きな下ヒゲピンバー
②MACDダイバー+シグナルダイバー
③フォールスブレイクアウト

ロング(OCO)


Screenshot_20191012-105104_Evernote
利確!(TP到達)

トレンドの転換点を狙い撃ち!





週のスルーしたポイント

【GBP/SGD 15M】10/15  13時45分

Screenshot_20191019-104313_Evernote
【ポイント】
①陰線ピンバー(リアルタイム)
②シグナルダイバー+MACDダイバー
③ダブルダイバー


【スルーした理由】
①上ヒゲ短い=オーバーシュートには見えない。



Screenshot_20191019-104342_Evernote
高値更新。スルー成功!





今週の逆張りBADポイント

【USD/JPY  15M】10/14  23時35分


20191019_133815
【エントリー理由】
①上ヒゲスパイク
②MACDダイバー+シグナルダイバー

ショート(OCO)



Screenshot_20191019-133700_Evernote
カット(SL到達)


【敗因】
①陽線1/2で、反発の弱いスパイク
②バンドウォーク
③ダイバーが微妙



明確でハデなサインが必要。



【AUD/JPY  15M】10/17  17時15分

Screenshot_20191019-105056_Evernote
【エントリー理由】
①上ヒゲピンバー
②MACDダイバー+シグナルダイバー

ショート(OCO)



Screenshot_20191019-105111_Evernote
カット!(SL到達)


【敗因】
①ピンバーの上ヒゲが短すぎる。
②オーバーシュートには全く見えない。



チャートを拡大しすぎるのは、NG行為。




【USD/JPY 1M】10/18  16時05分

Screenshot_20191019-105549_Evernote
【エントリー理由】
①大きなスパイクハイ
②MACDダイバー+シグナルダイバー

ショート(OCO)



Screenshot_20191019-105605_Evernote
カット!(SL到達)



20191019_110733

【敗因】
①直近高値の間にある小山でダイバー不成立。


ややこしい場合、どちらからみてもダイバーであること。







逆張りに適さない通貨ペア

日々 検証を進め、逆張りに向いていない(私に向いていない)通貨ペアは排除し、ムダなエントリーを減らしていきます。



【PF1.3以下】【1.4以下】(2019.9/22〜)は、利益にならない無駄なエントリーとして、全排除します。




シグナルライン(白ライン)+ MACDライン(灰色ライン)共にダイバージェンスが出ている場合に絞って検証したところ、成績が大きく向上しました。


過去の検証データと区別するべく、サクッとHVダイバーとでも命名しておきます。






【トレーリングストップ】5pips未満スルー(スプレッド込)
【5分足】2018年度、1年分の検証データ
【15分足】2016年〜2018年、3年分の検証データ




【逆張りに適した通貨ペア】(OCO)

AUDUSD 5M(PF2.2)15M(PF1.82)
AUDJPY 15M(PF1.7)
EURAUD 5M(PF1.26)15M(PF1.34)HV(PF1.44) 
EURJPY 5M HV(PF1.80) 15M HV(PF1.85)
EURUSD 5M(PF1.39)15M HV(PF2.06)
EURGBP 5M(PF1.91)15M HV(PF1.62)
EURCHF 5M(PF1.86)15M HV(95戦PF1.49)
EURCAD 15M HV(136戦PF1.78)
GBPAUD 15M HV(124戦PF1.41)
GBPUSD 5M(PF1.84)15M HV(154戦PF1.49)
GBPCAD 5M(PF1.23)→HV(PF 1.85)
GBPJPY 5M(PF1.43)→HV(PF1.62)15M HV(152戦PF1.58)
GBPNZD 5M(PF1.32)
NZDJPY 5M(PF1.42)
NZDUSD 15M HV(141戦PF1.52)
USDJPY 5M(PF1.73)15M HV(163戦PF1.82)
USDCHF 5M(PF1.24)→  HV(PF1.40)  
USDCAD 15M HV(133戦PF2.42)
CADJPY 15M HV(PF2.11)
CHFJPY 15M HV(112戦PF1.49)
USDCHF 15M HV(89戦PF1.52)
NZDJPY 15M HV(110戦PF1.70)
GBPCHF 15M HV(130戦 PF1.41)
GBPCAD 15M HV(101戦 PF1.48)






【逆張りに適した通貨ペア】(トレーリングストップ)

今回から追加
USDJPY  15M HV(159戦)PF 2.20
GBPUSD 15M HV(157戦)PF1.97
GBPJPY 15M HV(155戦)PF1.61
EURGBP 15M HV(153戦)PF1.67






【排除する通貨ペア】(OCO)

AUDJPY 5M(PF1.06)→HV(PF1.20)
CADJPY 5M(PF0.64)
USDCAD 5M(PF1.05)
GBPAUD 5M(PF1.03)→HV(PF1.20)
GBPCHF 5M(PF0.69)
NZDUSD 5M(PF1.13)
AUDCAD 5M(PF0.93)
CHFJPY 5M(PF0.7)
USDSGD 5M(PF1.13)
EURCAD 5M(PF0.91)
AUDCAD 15M HV(98戦PF0.98)
USDSGD 15M HV(111戦PF1.22)
GBPNZD 15M HV(120戦 PF1.33)
EURAUD 15M HV(148戦 PF1.39)



スプレッドが大きな通貨ペアは、短期足では足かせになり、不利になる傾向が強いです。





今週のまとめ

OCO、トレール共に、全く同じタイミングでのエントリー。
トレーリングストップ5pips以下スルー)


左:トレーリングストップ
右:OCO


20191019_183713
USDJPY 15m 【PF1.82】→【PF2.20】


20191019_183944
GBPJPY 15m【PF1.58】→【PF1.61】


20191019_184956
EURGBP 15m【PF1.62】→【PF1.68】




今回4通貨のみですが、トレーリングストップに注文方法を切り替えるだけで、やはりプロフィットファクターは上昇。(特にドル円)


微損微益を繰り返しながら、大波を待つイメージ。





トレールは、PF(損益に対する利益率)が上がる反面、トータル利益は減っているので、リスク%を上げて撃込むスタンスですね。







引き続き検証を通して、OCO版ベースで【なんちゃって反転ポイント=ダマシ】の形状をパターン化し、その確率を割り出し、排除し、勝率を高めていきます。





来週も頑張っていきましょう!!






スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!

FX業者【OANDA】の登録はこちらから




通知ツールについては、こちらから↓