順張りと逆張りの誤認識


Screenshot_20200129-154518_Amazon Kindle


どーも。のりマロです(^^)



今回は、意外と知られていない逆張りと順張りの本当の考え方について、まとめていきます。




順張りも逆張りも【狙うポイントは同じ】




iMarkup_20200215_104124

逆張りでも順張りでも、上位足のトレンドと同じ方向でエントリーすることが基本中の基本となります。


上記の場合、どれもこれもショートエントリーとなります。



緑◯→逆張り

ピンク◯準逆張り

青◯→順張り



手法は単なるタイミングの取り方であり、狙うポイントは逆張りも順張りも同じとなります。





[Contra−A]と[Contra−C]の狙いどころ


iMarkup_20200215_105749
逆張りの[Contra−A]は黄色◯

準逆張りの[Contra−C]は青◯


 
逆張りといっても、1、3、A、Cの頂点狙うのは、勝率が低なるので間違い。



頂点5(A波狙い)は、更に上位のMAが下方向である場合のみ。

頂点5の時点では必ずダイバージェンスが発生する。

下位足では、1、3、A、Cでもダイバージェンスが発生する。




時間足を変えてみると、 


下位足では[Contra−A]のタイミング
上位足では[Contra−C]のタイミング


このようにタイミングが重なっていることも多くあります。






それでは今週も重要ポイントを抜粋しまとめていきたいと思います。




独自用語や手法についてはこちらから↓


FX業者【OANDA】の登録はこちらから





今週のエクセレントエントリー

【EUR/USD  30M】2/11   23時00分

Screenshot_20200215-142924_Evernote
【エントリー理由】
①強スパイク
②強ダイバー


[Contra−A]
ロング(OCO)


Screenshot_20200215-143011_Evernote
利確(TP到達)




【GBP/NZD 5M】2/13  21時30分

Screenshot_20200215-143035_Evernote
【エントリー理由】
①弱ピンバー
②強ダイバー


Contra−A]
ロング(OCO)


Screenshot_20200215-143051_Evernote
利確(TP到達)





【GBP/JPY  15M】2/14  20時35分

Screenshot_20200215-143240_Evernote
【エントリー理由】
①ピンバー
②トリプルトップのネックラインサポレジ転換
③MAレジスタンス


[Contra−C]
ショート(OCO)


Screenshot_20200215-143302_Evernote

利確(直近サポートで怪しい動きになった為、手動決済)



ミラクル決済のエクセレントレード!



今週のBADポイント

【SGD/JPY  15M】2/11  23時30分

Screenshot_20200215-143447_Evernote
【エントリー理由】
①大ダイバー
②ダブルダイバー
③弱ピンバー

[Contra−C
ショート(OCO)


Screenshot_20200215-143503_Evernote
カット(SL到達)



【BADな理由】
エントリー前、既にネックラインのサポレジ転換を否定している


【対策】
サポレジ転換否定した場合、スルー





【GBP/NZD  15M】2/11  17時35分

Screenshot_20200215-143635_Evernote
【エントリー理由】
①MAレジスタンス
②大きな上ヒゲピンバー
③ピンバー上ヒゲ上のサポレジ転換確認


[Contra−C
ショート(OCO)



Screenshot_20200215-143653_Evernote
カット(SL到達)


損切りパターン。。



今週のまとめ

Screenshot_20200215-145421_Amazon Kindle

デイトレの場合はとにかく
【1時間足の状態】+【4時間足の状態】を念頭において下位足の各手法でタイミングを取り、トリガーを引く。

 

以上、 何かの気付きになれれば嬉しく思います(^^)
  


来週も頑張っていきましょう!





スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!


FX業者【OANDA】の登録はこちらから