泥沼化する【根拠なき決済】


nurse-ask-for-grounds


どーも。のりマロです(^^)


引き続き、大きなボラが続いていますね。ドル円なんて10円幅で動いています。



そんな相場の中、今回は 自分の欠点も踏まえ、感情からくる根拠無き決済と その対策について まとめていきたいと思います。





根拠なき決済①【建値決済】
チャート上に決済根拠が出現し、結果的に【建値決済となった】場合、これは問題ありません。


チャート上に決済根拠が無く、マイナスを見るのが嫌だからという理由の建値決済はアウト。これを繰り返すと資金を溶かします。


私は、ある程度のプラス域からマイナス転換する瞬間、ブン投げたくなります。





根拠なき決済②【耐えられずに決済】
エントリー直後から逆に動き、損切りライン手前で長時間ウロウロ。マイナスのストレスに耐えられなく早々に損切り。


この時点ではチャート上に決済根拠はなく、キチンと損切りラインが設定できている証拠で 耐えるべき場面です。これを繰り返すと、無駄な損切りが増えて溶かします。


私は、損切りライン手前でウロウロされれば、イライラしてサクッとブン投げたくなります。





根拠なき決済③【伸ばしきれずに決済】
順張りで長時間、ゆっくりジワジワ伸びるトレンド相場。
大きめにリバった瞬間、さらに利益が減るのが嫌で伸ばしきれずに決済。


これもチャート上に決済根拠はなく、自身の都合による決済となってしまいます。これを繰り返せば【利少損大】で溶かします。


私は、リバウンドすると勝ってても損した気持ちになります。





相場に自分の都合を持ち込むな!




これです。ポジションを動かす時は、自身の都合ではなく、

【チャート上の根拠に基づいていなければならない】




入口も根拠、出口も根拠、根拠の無い時は何もしない。





ボラが大きいとき、順張りのりワードが大きいので、逆張りより完全に有利となります


よって、今週も別口座で並行してやっている【一般的な順張り手法】でまとめていきます。

自分のミスによる悪いトレードを減らす為のまとめです。






独自用語や手法についてはこちらから↓


FX業者【OANDA】の登録はこちらから






今週のナイストレード

【GBP/JPY 5M】3/16   20時〜22時

Screenshot_20200322-144629632_1

【エントリー理由】
①直近安値ブレイク
②上位パーフェクトオーダー
③高値切り下げ

ショート(裁量)


Screenshot_20200322-144659173_1

利確(+18.2pips)




【GBP/USD 5M】3/17  18時〜20時

Screenshot_20200322-144735951_1

【エントリー理由】
①直近安値ブレイク
②上位パーフェクトオーダー 
③ペナントブレイク

ショート(裁量)


Screenshot_20200322-144751507_1_1

利確(+71.7pips)


今週のBADポイント

【EUR/USD  5M】3/18  22時〜24時

Screenshot_20200322-144839619_1

【エントリー理由】
①ディセトラブレイク
②上位パーフェクトオーダー
③高値切り下げ
④ノーダイバー

ショート(裁量)



Screenshot_20200322-144933132_1
リバって建値撤退

これが本当のクソトレード。


決済判断は、キャンドルが確定するまで下してはならない。



一旦利益が伸び、リバってマイナス転換する瞬間、決済したくなりませんか?これは、ロットを上げた直後に起こりやすい精神状態。



リスクを完全に受け入れることが必要。
もしくは、期待せず 結果を諦めることで対処可能。


今週のまとめ

Screenshot_20200322-223321077 (1)

ントリー根拠と決済根拠の二つ、利確や損切りは結果論。


シッカリとチャート上の根拠に基づいた行動こそが、正しいトレードであり、納得できるトレードとなります。




私は今週やってしまい、2日間、疑心暗鬼に陥りました。

利が伸びた後、瞬間的にリバって『マイナスを見たくない』という理由から根拠無く建値決済。

その後、思惑の方向へ大きく伸び、結果的に利益を理由なく自ら放棄した形に。





根拠ない建値決済は、根拠ある損切りより後悔します。






勝っても勉強、負けても勉強、見送っても勉強。

来週も頑張っていきましょう!!




スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!


FX業者【OANDA】の登録はこちらから