Screenshot_20200418-170603952 (1)
連勝後に訪れる


Screenshot_20200418-165317651 (1)
連敗



どーも。のりマロです(^^)


今回は、利益がガンガン上がるとき、全く利益が上がらないとき。


そんな調子の良い時と悪い時がなぜ訪れるのか?その原因と対処法にについてまとめていきたいと思います。




Screenshot_20200418-185659158 (1)

全く同じチャートでも、

自分の状況により見え方が変わる




連勝中は、悪いポイントでも絶好のポイントに見え、

連敗中は、絶好のポイントでも負けるイメージしか湧きません。


これは有名な話です。







ノーポジ、連勝中、連敗中、それぞれ見え方が変わると言っても、


全くの別物に見えている。


というのが厄介なところで、FXの本質でもあります。






連勝期は多少雑なポイントでも、絶好のポイントに見えているので、一度 駆られたくらいでは、まさか自分がブレているとは当然気付かず、負けを重ね始めます。


良いエントリーポイントでも負けることは当然あるので、自分のブレが敗因だとは考えもしない訳です。


そして、ブレていても勝てるときがあるというのがさらに気付きを遅らせる原因となります。




連敗期に入ってようやく入るべきポイントからブレていることに気付き修正しますが、今度は駆られるポイントに見えてしまうので、躊躇したり損切りや利確を早まってしまったりと、なかなか抜け出せません。



幾度も反省を重ね、幾度も初心に帰り、ポイントを絞り、ようやく調子が戻り、連勝期駕続けば、また、、

 
以降繰り返し、、、





調子の良し悪しは、相場ではなく自分の中にあります。



いち早くブレに気付けるか?

誰かが指摘してくれればすぐに気付けますが、FXではそうはいきません。。
 

自分自身で早く気付かなくてはならないのです。


トレードノートや過去検証を個々のトレードと照らし合わせ、常にブレが無いか、本当に良いトレードだったのか?



勝っている時こそ初心に戻って何回も見直していく必要があります。




僕自身も本当に気をつけなくてはいけません。日々猛反省です。





今週も逆張りは休憩し、別口座で並行してやっている【一般的な順張り手法】でまとめていきます。

自分のミスによる悪いトレードを減らす為の振り返りでもあります。



最近、順張りばかりをアップしているのでタイトルを変更しました。




独自用語や手法についてはこちらから↓


FX業者【OANDA】の登録はこちらから






今週のナイストレード

【EUR/JPY 5M】4/13  22時〜24時

Screenshot_20200419-185052900 (1)

【エントリー理由】
①中段持ち合いブレイク
②上位パーフェクトオーダー

ショート(裁量)


Screenshot_20200419-185113020 (1)

利確(+39.2pips)




【GBP/IAD 5M】 4/15   20時〜23時

Screenshot_20200419-185234433 (1)

【エントリー理由】
①直近安値更新
②上位パーフェクトオーダー 
③中段持ち合いブレイク

ショート(裁量)




Screenshot_20200419-185250702 (1)


利確(+19.2pips)



今週のBADポイント

【NZD/USD  5M】4/15  22時〜24時

Screenshot_20200419-185428734 (1)
【エントリー理由】
①中段持ち合いブレイク
②上位パーフェクトオーダー
③安値更新

【懸念点】
①強いダイバー中

ショート(裁量)


Screenshot_20200419-185440796 (1)

カット(ー17.2pips)



【敗因】
①中段持ち合いと言えるほど持ち合っていない。

②下落トレンドの勢いが弱くなり、大衆が利確するポイント




【EUR/AUD  5M】4/16  22時〜24時

Screenshot_20200419-185512984 (1)

【エントリー理由】
①直近安値ブレイク
②上位パーフェクトオーダー 
③下落スピード加速中


【懸念点】
波形がギザギザで汚い


ショート(裁量)



Screenshot_20200419-185526484 (1)

カット(−23.8pips)


【敗因】
既に飛び乗り状態と言えるほどエントリーが遅く、そもそも波形が汚いので、無理してエントリーしなくて良いケース。




今週のまとめ

Screenshot_20200419-183843492 (1)

常に納得のできるポイント。あとから見ても理解できるポイント。

1日たった1回のチャンスを逃したとしても、次のチャンスは必ず訪れます。


トレードにおける精神力は、損失を耐える精神力ではありません。


チャンスを逃しても、次のチャンスが来るまで、とにかく焦らず、シッカリと、待って待って待ちまくれる、そんな強い心を磨く必要があります。



チャンスがない時は、何もしないというもどかしさを如何に耐えることができるか?というのがトレードで大切となる精神力です。




勝っても勉強、負けても勉強、見送っても勉強。

来週も、頑張っていきましょう!!





スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!


FX業者【OANDA】の登録はこちらから