百害あって一理なし


Screenshot_20200614-124844889 (1)


どーも。のりマロです(^^)
 


水平線引きすぎには絶対にやってはいけません。


チャートに判断する要素が多すぎると、損切りをズラしたり、利確を早まったりと、自分の都合の良い判断に繋がり、結果的に利少損大につながります。




今回は、重要な水平線のみを引く方法についてまとめていきたいと思います。





水平線引き過ぎ防止対策。



上位足で、ほぼ等間隔に引ける水平線
Screenshot_20200614-130503908 (1)
4h




0000、500,100,105,110等のキリ番付近
Screenshot_20200614-133544472 (1)
4h




フィボナッチ38.2付近
Screenshot_20200614-131712304 (1)
1h





オアンダのオーダーブックの活用
Screenshot_20200614-122624132 (1)
1h

注文が多ければは、反発が起こりやすい。
注文が少なければ、値が飛びやすい。



過去に何回も反応する水平線は山ほどありますが、他要素と重なるポイントのみに絞り、重要な水平線だけを残しましょう。





GBPUSD 1時間足(2020.6.14)

Screenshot_20200614-124844889 (1)
before



Screenshot_20200614-134829802 (1)
after

①赤4h
②緑1h+Fib38.2
黄キリ番
④オーダーブック
⑤ほぼ等間隔


例外なく全ての水平線は過去に何回も反発済。



これらの強い水平線の為、引き直す必要もなく遠分使えます。




の固い壁に向かってエントリーすると、

Screenshot_20200614-140204032 (1)

事故ります。





ここまでくれば、戦略が立てられます。

壁までを狙うのか、壁をしっかり抜けて押し戻りを狙うのか。





Screenshot_20200614-143147601 (1)
5分足エントリー例(白)逆張り、(黄色)順張り


下位足でそれぞれの手法通り、細かなタイミングを見計らってエントリーしていきましょう。





では、今週も変なエントリーを減らすべく、リアルトレードを抜粋してまとめていきます。




このブログは、自分のミスによる悪いトレードを減らす為の振り返りです。





新たに自動水平線インジケータを導入しました。


FXR_SR_ZONES





独自用語や手法についてはこちらから↓


FX業者【OANDA】の登録はこちらから





今週のナイストレード

【EUR/JPY  5M】6/8   22時〜24時

Screenshot_20200614-210102007 (1)

【エントリー理由】
①サポレジ転換
①持ち合いからの直近安値ブレイク
②上位パーフェクトオーダー

ショート(裁量)


Screenshot_20200614-210134969 (1)

大きな下ヒゲピンバーでもみ合い出し利確(+37.0pips)






【GBP/USD  5M】 6/10   14時〜16時

Screenshot_20200614-210341043 (1)

【エントリー理由】
①アセトラブレイク
②上位パーフェクトオーダー

ロング(裁量)


Screenshot_20200614-210440512 (1)

もみ合い出し利確(+4.8pips)





今週のBADトレード

【EUR/AUD  5M】6/10  20時〜 22時

Screenshot_20200614-211939115 (1)

【エントリー理由】
①アセトラブレイク
②高値切り下げ
③直近安値ブレイク
④上位パーフェクトオーダー


ショート(裁量)


Screenshot_20200614-212001311 (1)

カット(ー32.6 pips)


1時間足確定前のお手本ダマシ



【EUR/GBP  5M】6/11   18時〜20時

Screenshot_20200614-212105773 (1)
【エントリー理由】
①ペナントブレイク
②直近高値突破
③上部パーフェクトオーダー


ロング(裁量)


理想は黄色矢印でエントリー


Screenshot_20200614-212123152 (1)

ダブルトップでカット(−31.1pips)


【敗因】
エントリーが遅い。伸びた先では細かく利確。




今週のまとめ

Screenshot_20200614-213716422 (1)

水平線の注意点

あとからラインを付け足さない

ひげ先か実体か、その時折で効いている側を選択する

サポレジ転換を特に意識する

指標等の大きなオーバーシュートは無視する

完璧にピッタリと止まるわけではない






勝っても勉強、負けても勉強、見送っても勉強。

頑張っていきましょう!





自分への言い聞かせでもあり、同時に読まれる方の何かの気付きになれれば嬉しく思います。




スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!


FX業者【OANDA】の登録はこちらから