ポイントを絞れば、誰しもが陥る落とし穴


Screenshot_20200831-134030127 (1)



どーも。のりマロです(^^)



今回は、良いポイントだけを狙おうとすればするほど、誰しもが陥いる負のスパイラルについてまとめていきます。




ポイントを絞れば絞るほど、勝率は上がりますが、エントリー回数は少なくなります。




ザックリと数通貨、タイミング的な問題も考慮して、

5分足で朝から夜まで監視して、1週間で数回のエントリー。

もしくは、尽くタイミングを逃して週間ノーエントリーなんて事ももちろんあります。





良いポイント以外、エントリーしないと誓えば、

やがて、週後半にかけて問題は訪れます。



エントリータイミングを精査し続け、
【これだけ張り付いてもノーエントリーか】→
【何とかエントリーしなくては張り付いた意味がない】

という焦りから、無理無茶なエントリー、損失が膨らみ、暴走。



これが、ポイントを絞ったことにより訪れる、典型的な負けパターンです。




エントリー出来なくても良いんです。
必ず次のエントリーポイントは訪れます。



余裕をもっていないと、やはり精神的にも勝っていくのは難しいという訳ですね。




ということで、しっかりとチャートに向き合っていたにも関わらず、今週は本当にタイミングが合わず、ノーエントリーとなりました。




ポイントではないところでは、意地でもエントリーはしない。

そう誓っているので、目標は達成です。



この我慢ができない人が多いから、無駄なエントリーが減らずに資金が増えないスパイラルに陥っている方が大勢います。。



徹底して【勝率の高いポイントを、高ロットで攻める】ことが最善かと思います。



今週も頑張って行きましょう!





このブログは、自分のミスによる悪いトレードを減らす為の振り返りです。






下記、インベスティング・ドットコムさんのサイトから、各通貨ペア毎のボラティリティが時間帯で確認可能です。

表記は世界標準時となるので、時差は9時間です。


順張り、逆張りに適した時間帯がわかります。




独自用語や手法についてはこちらから↓


FX業者【OANDA】の登録はこちらから