トリガー精度だけではない

Screenshot_20210426-184316_Brave


どーも。のりマロです(^^)



今回は、【トリガー精度だけでは勝てない理由】についてまとめていきます。



FXをやっていると、エントリートリガーばかりを気にしてしまいます。



スナイパーでも、ただエイムが合っているだけでは当たりません。

風向き、ターゲットの動き、周りの状況、天候、距離、そのライフルの特性、等々。



当然トリガー精度はもちろん大切ですが、そればかりを見ていると他の要素が無いがしろになってしまいます。


上位時間のサポレジ、その通貨の特徴、これまでの動き、キリ番、Fib、リスクリワード、その他不安要素。




エントリーは、全ての要素を複合して考え、

怪しければ徹底してスルーする

これを徹底することにより、負けを減らしていくことが可能です。





中でも、誰もが見ているであろう目立つポイントには要注意です。




それでは、今週も自分のエントリーに問題は無かったのか?
損切りにフォーカスし、一部を振り返りまとめていきたいと思います。





下記、インベスティング・ドットコムさんのサイトから、各通貨ペア毎のボラティリティが時間帯で確認可能です。


表記は世界標準時となるので、時差は9時間です。


順張り、逆張りに適した時間帯がわかります。





独自用語や手法についてはこちらから↓
FX業者【OANDA】の登録はこちらから




今週のBADトレード

【USDJPY】4/12  16時55分


Screenshot_20210426-213835_Sheets
エントリー理由

①上位上昇トレンド
②高値圏レンジブレイク


ロング


Screenshot_20210426-213902_Sheets

カット(−20.1pips)

パターンなし、キリ番あり、エントリーが遅い、決済も遅い。



久しぶりの最低なエントリーでした。


こんなトレードを如何に減らすかがカギです。

今週のまとめ

Screenshot_20210426-184053_Brave


エントリートリガーは、最終のGOサイン。



瞬時にトータルで判断できるようになるには、やはり日頃から丁寧なトレード技術の鍛錬が必要となります。



シンガポールでは、トレーダー=職人 です。



トレード職人は、絶対に雑なことはしません。




勝っても勉強、負けても勉強、見送っても勉強。

今週も頑張っていきましょう!






自分のダメトレードを減らすためのメモ書きです。、同時に読ま方の何かの気付きになれれば嬉しく思います。







スマホで最高のトレード環境が実現!(全てのFXアプリを比較した結果)

スマホトレードで必須の通知ツールも使えるMT4対応!


FX業者【OANDA】の登録はこちらから