【218.5.23】【2918.5.31追記】【2018.6.10追記】

一時期、過去の日経平均チャートとビットコインのチャート似ている論が話題になり、今後の具体的な時期と価格を割り出したところ、、、、




どーも、のりマロです。(*^^*)




今回は、その日経平均チャートとの比較によりBTCの追撃ポイントと時期の再確認を行う。






どういう事!?

以下の2枚のチャートは、日経平均BTCである。


o0620043614163071855
日経平均 過去50年


20180523_112846
BTC 過去6ヶ月



酷似している。
(もう少しBTCの尺を合わせれば瓜二つになる。)

試験の答案用紙を先に見てしまった気分です。(笑)





ということで 約2ヶ月前、

日経平均チャートを元に、BTCレート、時期追撃ポイントを、アメブロ時代具体的に分析した。






その結果、BTCが、シナリオ通りに動いている!



マジッスヵ!! Σ(°ε°oノ)ノ




なぜそうなるのか。


分析方法は同じく、こちらから。




間近の分析結果。

以下は、2018年4月3日時点のBTCレート。


o1080061214163113267-2

日経平均チャートから導き出した目標レート110万円



o0620043614163113263-1
時期はGW中から直後。



結果は、



o1080089414185921017

BTCは、5月4日108万円を記録した。


価格も時期もドンピシャ!!



なんと、マジかよ!!(;゚(エ)゚) 



これは完全には無視できないレベル的中率!




追撃ポイントと時期

2018年5月23日現在


21
5/4で高値をつけたBTCは、現在シナリオ通り、反落中。


46

日経平均チャートで言えば、今のBTCレートは この辺り。

同じように動くなら、今後、BTCはバブル後の最低価格を付けに行くことになる。



それは、間近安値70万円を割るということ。



21
追撃ポイントは 白ライン上で、この辺り。



50
時期は、5月4日の高値から18〜27日後。



53
つまり、5/22〜5/31となる。


現在の下落トレンド中バブル後の最安値をつけることになる。



日経平均からみるBTCの今後の展開は?


39

チャートが酷似している日経平均からBTCの動きをまとめると、



5月22〜5月31日にバブル後、最安値。
【2018.5.31追記】下がったが最安値とはならず

6月〜7月中旬まで、安値圏で停滞。

7月下旬〜8月にかけて上昇開始。

9月には150万円に達する勢いで上昇する。



という分析が出来る。


考察

上記は、あくまでも天気予報となる。

しかし、今まで酷似していたのは事実であり、今後も似たような動きをする可能性は高い。


もちろん、時期やレートはズレる可能性もあるが、今までのパターンを見れば、大まかにはこんな感じで動くだろう。



私は、信じて追撃する!(๑•̀ㅂ•́)و✧


53

買い逃すのも機会損失となるので、75万円以下は安値圏と判断し、160万円を5分割で2万円下がるごとに追撃する。



そして、BCH.ETH.XRPに160万円分のBTCを投入する。



日経平均から見れば、今回が最後の追撃チャンスとなる。




あとは、仮想通貨の未来を信じて、放置あるのみ。




【2018.6.10追記】


26

リンクする日経平均を元に、BTCは7月中旬までヨコヨコ展開とみられる。


45

70万円以下下ヒゲが伸びるとき、絶好の仕込み時となるが、75万円以下は安値圏と判断し柔軟に追撃する。





やはり、今後大きく伸びるためには、大きく下げる必要がある。

まだ時間はあるので、焦らずじっくり追撃ポイントまで待機する。(๑•̀ㅂ•́)و✧