仮想通貨でのレバレッジ取引は、一般人からすればマジで稼げない搾取ツールです!



理由はこちら、





1527339182387


どーも、のりマロです。( `ー´)ノ


前回は 仮想通貨のレバレッジやBTC FXをディスったので、今回は現物をリスペクトします。ヽ(=´▽`=)ノ






2.仮想通貨の現物取引

images-4-12

2-1.そもそも現物取引とは、


ちょーわかりやすく言えば、

【現物取引】=【両替】



もう一つ噛み砕くと、

を買うのと同じである。




2-2.現物のメリット・デメリット

OKMSIIMGL0813_TP_V

メリット
  1. 板取引スプレッドゼロ
  2. 手数料ゼロ
  3. 税金の先延ばしができる
  4. 強制ロスカット無し
  5. 無期限放置
デメリット
  1. 空売りできない
  2. 地味
大まかにはこんなもの。



2-3.現物はメリットの塊



仮想通貨の現物取引は、すべての時間軸においてBTC FXより完全に優位となる。


メリット①【スプレッドゼロ

PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V-1


現物の板取引は、アルトコイン含めてスプレッドゼロ。

板取引でも少額手数料が必要となる取引所もあるが、無い取引所ではBTCやアルトコインでスキャルピングも可能となる。




スキャルピング〜短期取引も向く


メリット②【維持手数料ゼロ

20180527_101343

レバレッジ手数料や保管手数料といわれる高額な維持手数料ゼロ。


現物では日々増える消費者金融レベルの高額な手数料支払いは一切無い。

毎日毎日、小額でもプラスになれば気分が良いですが、マイナスになれば精神的にも本当にイヤになりますね。


中〜長期保有に向く。


メリット③【税金先延ばし

YUKI86_okanekodomo15144308_TP_V

利確しなければ税金の発生無い。

仮想通貨FXのような金利まがいな日々の保管手数料は引かれないので、いくらでも先延ばしできる。


税制が整うまで先延ばしする選択肢も増える。



税金は無限に先延ばしできる。


メリット④【強制ロスカット無し

images-4-19

現物は個人の所有物であり、FXのように勝手に売られることはない。

強制ロスカットは本当に大きなマイナス要素!

恐ろしいロスカットの防止対策として、より大きな資金ストック一切必要ない。



変動に耐える資金力は必要ない。



メリット⑤【優位な現物取引

images-4-22

FXでは、下がり続ける場合、さっさと損切りか大きなマイナス要素である強制ロスカットニ沢となる。

なお、ロスカット防止での追い金は論外。




反面、現物では追い金 無しで、

レートが戻るまで放置。

という最強の選択肢ができる。




前回の記事の通り、
喰われる順番は、カネの無い高レバレッジから始まり、


高レバ > 中レバ > 少レバ >0レバ > 現物



現物と同じ0レバ でも保管手数料が必要となるため、保管手数料0の現物が最強。

中でもスプレッドの無い【現物の板取引】が最強となる。



最後まで生き残る現物



2-4.BTC FXはショートヘッジ用?

images-4-17

FXの最大の特徴である空売り。


ショートヘッジとは、下落トレンドの機会損失をFXの空売り【ショート】でカバーする手法。



ショートでマイナスが膨らめばどうしますか?



急成長中の仮想通貨市場でのショートヘッジは、自分の思想とは全く逆の行動なので、頭ではわかっていても本当に難しい。




高値圏
所持コイン USDT 、BTC、JPY

安値圏
USDT 、BTC、JPY  所持コインへ


普段から現物でも、こういうトレードが実行できている人限定になる。

リップラーやネムラーのような自分の保有しているコインに愛着のある人は高値圏では、余計に手放さない。


現物トレードできてない人は、よりリスクの高いレバレッジトレードは絶対に不可能。 

つまり、BTC FXでショートヘッジムリゲーである。


結局は、往復ビンタを喰らって資金を減らしてしまう。




FXは変動に耐える資金を入れる必要もあるので、フルブッパできる現物トレードの方が完全に優位である。


そして何よりも、低資金で大金を得ることはできない。


ショートヘッジは資金力がある超人プロトレーダー用





2-5.現物取引メリットまとめ

15_big-1


現物は、変動に耐える余剰資金が必要ないので、フルブッパが可能となる。

仮想通貨FXでフルブッパすれば、秒殺で強制ロスカットされる。


中期的に見ても、結局は現物の方が枚数を持てる


そして、大きく稼ぐには短期的な変動ではなく、長期保有で仮想通貨市場全体の成長の恩恵を受ける必要がある。



現物取引は、圧倒的な優位性を誇る





長くなってしまったので、


は次回にします。